マッコリの新しい飲み方

  • 2010年05月06日(木)
アップロードファイル 81,632 byte

サアーファーのお兄さんからの新しい情報。
大阪のサーファーはビールにマッコリを入れて飲んでいるそうです。

カクテル感覚でしょうか。店主未体験、やってみて後日
報告します。

日本酒を楽しむ会

  • 2010年05月05日(水)
アップロードファイル 79,973 byte

久々に日本酒を楽しむ会を開催しました。
町内会の会館をお借りして、近所の気心の知れたお客様が6名集まってくれました。

お酒は「若戎 義左衛門純米吟醸 中汲みwk−68」「元坂仕込第七号特別純米酒」「鉾杉 無濾過原酒 弓形穂しずく 特別純米酒」。

出した順番は義左衛門・仕込み七号・鉾杉の順です。サラットタイプから個性の強い順番にお出ししました。みなさん義左衛門の香りにびっくり。元坂の旨みに納得、鉾杉では無濾過とはどんな状態かを体験していました。

今回、お酒の難しい説明は極力さけ、たのしく飲むことに終始しました。勉強会はきらいですよね。

皆さん大変たのしんでいただき、次回の開催を強制されています。うれし結果になりました。ありがとうございました。 

お燗に向く日本酒、向かない日本酒

  • 2010年03月10日(水)

基本的には日本酒は、世界の酒類の中で、唯一お燗して飲める「お酒」のひとつと言われています。(一部例外もありますが)

だから、ほとんどの日本酒はお燗して、おいしく飲めます。ただし、次のお酒はお燗には向きません。それは「大吟醸」や搾ったばかりの「搾りたての新酒」です。

特に、大吟醸は、香りが豊かなので、お燗をするとイヤな臭いを感じる事があります。

また、熱殺菌処理をしていない、生酒や搾りたての新酒などは、フレッシュさが売りなので、冷蔵庫で冷やして
飲んだほうがおいしいです。

その他の日本酒はだいたいお燗しておいしくいただけます。お試しされてはいかがでしょうか。

焼酎はどんな飲み方がいいんだろうか?

  • 2010年02月20日(土)

飲む焼酎の性格を知る為には、やはりストレートで飲むことがお薦めです。しかしながらストレートで焼酎を飲みますとアルコールが強い為、胃(胃壁)を傷めてしまいます。必ず焼酎を飲んだ後は水を飲んでくださいね。

暑い時にはロックもお薦め。
クラッシュアイスを入れたグラスに焼酎を入れる飲み方もあります。しかしながら、冷たくすると飲みやすくなるため、飲みすぎに注意してくださいね。

やっぱり、身体の事を考えますと、お湯割りがお薦めです。身体は冷やさないほうがいいですね。
6:4か5:5位がお薦めです。

楽しく飲みましょう。

ビールは冷蔵庫の何処に入れるか。

  • 2010年02月07日(日)

ビールは冷蔵庫で冷やす場合、開きドアには入れないで下さい。冷蔵庫を開閉する時にビールに振動を与えてしまい炭酸を踊らせてしまいます。

結果として、踊ってしまった炭酸ではスムーズなきめ細かい泡は期待できません。きめ細かい泡がビールの命です。

以前にも書きましたが、泡がビールから炭酸が抜けるのを防ぎます。気の抜けたビールは最低です。ガス圧がビールを注ぐときの泡の出来方に大きく影響します。

日本酒の四季

  • 2010年02月06日(土)

本日は日本酒の四季について。
この時期は初しぼりとか搾りたてがもてはやされていますね。

日本酒については、日本酒は日本酒ジャン。
オヤジが飲んで酔っ払うものとの認識しかないかもしれません。

しかし日本酒をたのしむには、四季それぞれに応じた日本酒を頂くことが出来ます。

因みに、春先は搾りたて、夏は冷酒でスッキリと、秋には春に出来た酒を秋まで寝かした「ひやおろし」これは新酒と違ったマロヤカなタッチを体験出来ます。

冬がちかずいてきたら、寒いので当然「燗酒」、

これに適するのは十分なこくを持っている酒、
山廃仕込とか、生もとと表示してある酒が良いでしょう。

季節によって、色々なタイプの日本酒が味わえます。

買う時には、お酒屋さんに「いま、旨い酒は」と質問しましょう!

日本食には日本酒を

  • 2010年02月05日(金)

ワインブームが去ったのは日本食にワインがマッチしなかったせいだと思います。ワインは日本食に合わせにくいのです。酢の物に反発しますし、醤油にも反発しますう。

そして魚の卵系にも反発します。ポリフェノール一点の考え方では生活に密着しなかったのです。私は日本食と日本酒は相互作用のある文化だと考えます。

日本酒には味醂のようなお魚の生臭さを消すマスキング効果があります。だから、自然となんらためらいも無く晩酌に和食をたべ日本酒を飲んでいるのですね。

考えてみてください、イタリアに行ったときにイタリアのワインと料理は相性がいいですよね。

やっぱり日本に生まれてよかった、和食と日本酒の文化を店主は愛します。

ビールジョッキのエンジェルリング

  • 2010年02月04日(木)

皆さん知っていますか、ビールジョッキのエンジェルリングと言う現象を!

これは、生ビールを注ぐことに大変気をつけている飲み屋さんで発見できます。

生ビールを注ぐ時には泡の密度と泡の分量に気を使う必要があります。なぜならば泡はジョッキ内のビールの炭酸が抜けてしまうのを防ぐ為に重要な役目をしています。

気の抜けたビールは美味しくありませんよね。
それほど、ビールの泡は大切なのです。
優秀な飲み屋さんはビールメイカーの講習を受け、注ぎ方に注意しています。

そんな旨く注がれたジョッキのビールを飲むと、三度で飲むと三つの泡のあとがジョッキにつきます。
これがエンジェルリングなのです。

適切に注がれたジョッキしかこのリングは出来ません。
泡は苦味がきついのでその下からビールを喉に流し込んでください、ビールのコクを感じることが出来ますよ。

次回、飲み屋さんに行ったとき、ジョッキを眺める事が楽しみになりますね。

そこで解ります、その飲み屋さんのビールの注ぎ方が上手いか・・・・・・・。お金を払うならビールは美味しく頂きたいですよね。

酒粕でぬくぬく!

  • 2010年02月04日(木)

今の時期、お酒は搾られます。それに伴、酒粕が販売されています。今回は「甘酒」「漬物」「粕汁」以外の酒粕の利用法の紹介。それは

「ガーゼに包んでお風呂に入れると身体がポッカポッカに暖まる!」

ということです。酒粕はそのままお風呂には入れないでくださいね。お湯を抜くとき湯船が詰まりますから。お茶パックかガーゼに入れるのが良いでしょう。
一般的な湯船に大さじ3杯〜5杯程度が適量と考えます。お風呂上りにも身体はポカポカ。
お肌スベスベ、ガーゼに包んだ酒粕でお肌をマッサージすると益々身体はポカポカになります。

こんな、利用の方法もあるんですよ、酒粕には。

中西酒店 新登場 芋焼酎 風憚

  • 2009年01月22日(木)
アップロードファイル 66,423 byte

美味しい焼酎の紹介。
ずばり店主のんで旨い焼酎です。
開封したとたん、フルーティな香りに驚かされます。
店主、そのまま口にしました。喉に詰まることなく頂きました。スムーズに飲める焼酎です。上品なフルーティな味も感じます。飲みやすさ一番、お薦めの逸品です。ひさびさの超お薦め品です。