奄美黒糖 朝日

  • 2008年10月25日(土)
アップロードファイル 71,945 byte

入荷困難商品が来ました。
ある日、営業マンが何故か声をひそめて私に言いました。店内には二人だけなのに。
「名古屋の本社に黒糖の朝日が少しだけあるのですが、どうですか」どうですかも、こうですかも私が喉から手が出る商品。速攻で注文。
何年も前からほしかった商品です。
黒糖は海外のお酒にたとえるとラムのような感覚です。ジャパニーズラムに乾杯。
沢山ありませんので、店頭販売のみです。
お一人様一本限りでお願いします。

魔王でおなじみ白玉醸造 元老院

  • 2008年10月07日(火)
アップロードファイル 25,253 byte

焼酎通必見
元老院の販売をはじめました。
麦・芋焼酎の混合。
体にしみわたるフルーティな味わいが特徴。
樫樽貯蔵されたことで、淡い琥珀色です。
ロックか水割りがお薦めです。
     720ml 1,340円税込
数に限りがありますので現在の所、店頭のみの販売とさせていただきます。
                     中西 功

ひやおろし

  • 2008年09月11日(木)

秋めいてきたこの季節に美味しい日本酒が登場してきました。それは「ひやおろし」と言いまして、春に搾ったお酒を蔵で今まで寝かしたものです。新酒とは違いまろやかに仕上がっています。秋の食材と共に頂きたい逸品です。因みに江戸時代ではこの様な現象を「秋になってそろそろ新酒がうまくなってきた。」と表現していたそうです。タイムマシーンに乗ったことはありませんが・・・。当店では現在のところ、若戎の義左衛門と真秀の「ひやおろし」を扱っております。

芋焼酎は飲みにくい。

  • 2008年07月14日(月)

先日訪れてくれたお客様で芋焼酎は無条件に飲みにくいとおっしゃる御客様が見えました。よくよく飲み方を聞いてみますとポットから直接お湯をいれてるそうです。それでは芋の香りが鼻にむっと来るのは当然です。お湯は日本酒での温度、つまりぬる燗の40度ぐらいにしてください。焼酎6にたいして水分4ぐらいがお薦めです。ロックより水割りのほうがフルーティの度合いが増すように店主は思います。焼酎が少なすぎても美味しくありません。

相可高校の醤油

  • 2008年06月26日(木)
アップロードファイル 78,878 byte

今、テレビで話題の相可高校の醤油です。
うすくちと濃い口があります。私、個人的には食材の個性を尊重するなら、薄口をお薦めします。

国菊 甘酒 夏ばて解消

  • 2008年06月26日(木)
アップロードファイル 64,574 byte

江戸時代には夏ばて解消に甘酒が夏にうられていました。現代では甘酒は冬の飲み物とされていますが、先人はその目的を極めていたみたいです。
内容成分を見てみますと、点滴に近いです。
飲む点滴、私は自然食品甘酒を見直しました。
昨日、テレビのクイズ番組に江戸時代の夏の栄養ドリンクとして出題されていました。

百年梅酒

  • 2008年06月26日(木)
アップロードファイル 72,991 byte

水戸 明利酒類販売「梅香 百年梅酒」仕入れました。以前、ある酒屋さんで飲ましてもらいとても美味しいと思いました。しかしながら、仕入れルートがないことで諦めていました。しかし何と通常お取引がある問屋さんに普通にありました。
この商品は、2008年天満天神梅酒大会(大阪天満宮)で優勝しています。私の舌もまちがいないかな。
ちなみに出店会社88社、124銘柄出品でした。

幸せをいただきました。

  • 2008年05月11日(日)
アップロードファイル 78,293 byte

5月10日に町内の宴席がありました。場所は私の好きな「てんびん屋本店」さん。ビールを飲まれる方が多かったのですが私は迷わず若戎の真秀をチョイス。魚介類には日本酒が一番と思っています。日本酒のマスキング効果がさらにお刺身を美味くしてくれます。満足の宴でした。

売れ筋が偏ってしまいました。

  • 2008年04月24日(木)

店主は現在、原口酒造様の吉酎の販売に力をいれていますが、売れ筋が偏っています。
現在の所、赤芋吉酎にお客様のリピートが偏っています。高い評価はうれしいのですが、黒・白・黄色・赤と万遍なく売りたい所ですが贅沢は言いえません。
お買い上げ有難う御座います。感謝。

おやじ新ねた

  • 2008年04月03日(木)

中西です。焼酎と食材の関係から新たなコピーを考えました。基本的におやじは焼酎には刺身より焼き魚があうと考えています。意見もあると思いますが。
そこでできたコピー「焼酎と焼き魚。晩しゃくグゥー」
いかがですか。感想は掲示板に。